CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

一歩ずつね

大好きなゆずのこと 日常のこと 綴っていきます
一歩ずつね 歩いてゆこうね
<< 母の日 | main | きたっ♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
5月12日にちなんで
5月12日は「看護の日」でした。
ナイチンゲールのお誕生日だそうです。

わたしは看護師です。




ってあらためてここで書くことでもないんですが…たらーっ
語るつもりはなかったのですが、書き出したら止まらなくなってしまったので、
お時間のある方・興味を持っていただいた方のみ、お進みください…。



わたしが勤める病院はある専門病院で、所属部署では全科の手術直後の患者さんや重症の患者さんを看ています。
看護師1年目に今の部署に配属され、今年看護師7年目になりました。
大学時代に先生に「3年経験してやっと一人前だよ」と言われましたが、そんな必死の3年間もとっくに過ぎ、ここ数年はいっちょまえに後輩教育なんかもやらねばならないお年頃です。
これが大変。ひとを育てるってほんと大変ですね。
どんなに時間をかけてもなかなか想いが伝わらなかったりもするし…。
そのくせ、最初の1年ってその後の道を左右するくらい大きなものだから責任も重大…。
でも、後輩教育を通して学ぶこともたくさんあって、それは看護師としても人間としても成長させてもらえるありがたい場なんだなと思います。

話がそれちゃった。
看護師の仕事はね、好き。なんだと思います。
身も心もつらくて辞めたいなぁと思ったことは数知れず…。
でも辞めなかったのは、やっぱり好きだからなのかなぁ。
よくわからないけど。

所属部署の特徴もあってか、ピリッとした空気が流れることもよくあります。
モニター音やアラーム音がピコピコ鳴り、特に気を張っていないといけない部署。
でもモニターや機械ばかりと向き合うのではなく、ちゃんと患者さんと向き合っていたいと思っています。
一般の方からしたら当たり前のことかもしれないですね。
でも、病院って当たり前のことが当たり前でなくなりがちな場所だなって感じています。
胸の音を聞くことひとつにしても、ふつう人様の胸元を開けるなんてないですもんね。
身体拭きとかお下のケアもね、ご自分でできない状況だから仕方がないとはいえ、やっぱり他人にされるのは嫌だなぁって感じる方も多いんじゃないのかな。
注射とか採血も。ひとに針刺すんですもんね。
ふつうに考えるとやっぱりこわい。

命の儚さや自分たちの無力さを感じることも多々ありますが、同じくらい命の強さを目の当たりにすることがあります。
本当にね、言葉にならないくらい、なんかこう、全身に響くものがあります。
あとね、家族の力。
家族がそばにいると全身状態も表情も穏やかとか、家族が面会にくると反応があるとか。
本当にそうなんです。頭でそう思おうとしているんじゃなくて、本当にそう感じる。

それから。敢えて言わせていただきます。
ひとの死には慣れません。
信じられないけど、看護師になってからけっこう聞かれています。
「看護師さんってやっぱり死に慣れちゃうの?」って。
最初はムッてしてたけど、このごろはすごく胸が痛みます。
そう見えるのかな〜って思うと、ほんと傷つく。
どんなに接した時間が短かった患者さんでも、ひとの死に平気な気持ちではいられません。
そのひとの人生を想うし、家族を想うし、命について考える。
涙も出ます。でも、看護師としているときには涙を出してはいけないときもあるから。
涙を出さないように、感情を殺すようにしていることも多いんです。
これはちょっとかなしいかな。

看護は慣れだけでできるものではないと思う今日この頃です。
どんどん発展する医療だから新しい知識も必要。日々勉強です。
昨日のひとがOKと言ったことが、今日のひとにも通用するかというとそうではないし。
だから、こころがけていることは、
 「わたしがこのひとだったら、こう考えるだろう」じゃなくて
 「『このひと』が、どう感じ、どう考えているんだろう」ってこと。
相手の気持ちをわかろうなんて無理かもしれないけれど、できる限り相手の気持ちに寄り添いたいなと思っています。

残念ながら、いつもいつもできていることじゃありません。
ほぼ理想というか今のわたしの看護観というか…。
命にもこころにも触れるお仕事。
まだまだたった7年の未熟な看護師ですが、プロフェッショナルな看護師になりたいなぁ。


ついつい長くなりました。
看護週間ということで大目に見てくださいおはな
ここまでついてきてくださった方がいたら、ありがとうございました!!
| お仕事 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
ひさちゃん!!!!!!
今すぐ行って、語りたいよ〜!!!

あ、こんばんは。
何をかくそう…あ、別に隠してないけど(笑)
あたしも看護師です。
そして、今年で7年目。(ってことは…同い年??)
準看の経験もあるとそれ以上…

ICUとかにいるのかな?
あたしはね、今は脳外。
まだ、5ヶ月だけど。
それ以前は、リハ病院。あと、少しだけ内科。

ひさちゃんの言葉を読みつつ、考えるトコは一緒だね。
慣れない事はいつまでも慣れない。
人を育てる立場…

うん。でもそうだね。生命力ってすごいよ、やっぱり。
そんな姿を目の前で見ると、この仕事のやりがいも感じるし。
まだまだ知らないこともあるけれど…
きっとこの仕事は好きなんだろうなと思います。

興奮して長くなっちゃった(汗)
また、語ってね(笑)

| ちびさな | 2008/05/14 11:48 PM |
*ちびさなちゃんへ*

ちびさなちゃん、こんばんわ♪
絶対仲間がいるんじゃないかなって思ってたんだ〜。
しかもおんなじ7年目ですと??
なんかすごく嬉しい!!!

ちびさなちゃん、いろいろ経験してるんだね。
わたしは仰せのとおりICU勤務です。
といってもCa専門なので、時になんちゃってICU、時に本気のICUという曖昧なとこ…。
でも場所に関わらず、想いは一緒なんだなって感じました。
共感してもらえて嬉しいな♪
ほんとちびさなちゃんといろいろ語りたいよ〜。

この記事、いろんな意味で、書こうか迷ったんだけど…
書いてよかったな。
また一歩、ちびさなちゃんとお近づきになれた気がする(笑)
お互い自分の場所で、この仕事がんばっていこうね。
| ひさ | 2008/05/15 10:58 PM |
こちらにもこんばんは♪

12日は看護の日なんですね、知らなかった。
私はたぶん人より命っていうものに執着があって、だから小さい頃から凄く死というものが怖いんですよ。
自分の死というよりは人の死が怖くて。

だから看護士さんて尊敬します。
本当に命と向き合うって大切なことで、だけどとても大変ですよね。
多分私だったらつぶれちゃいます。汗

ひささんと、ちびさなさんも、ますます素敵な看護士さんになられることを影ながら応援してます!
| カコ | 2008/05/16 12:11 AM |
ひささん、こんばんは♪
ひささんは看護師さんなんですね!!
受験生なあたしは看護師志望です。
実際に看護師をされてる方のお話を聞いたり、本を読んだりすると、看護師って大変なお仕事なんだなぁ、って思います。
きっと大変なぶん、やりがいとか喜びがあって、そしてたくさんの出逢いと別れがあるんだろうな…。

未来の先輩がた、お仕事がんばってくださいね!!
満開の笑顔でみなさんを元気づけてください☆
| めぐ | 2008/05/16 7:08 PM |
*カコちゃんへ*

ふたたびこんにちわ♪
看護の日、あんまり知られてはいないよねぇ…

命への執着。
小さい頃から何か考えさせられるものがあったのかな…
生きるということと、死ぬということは、切り離して考えられないものなんだろうな。
だから、死について考えるひとって生きることをすごく大切にしているひとなんだろうなって思う。
学生のときに「死生観」をテーマにディスカッションみたいのをしたけど、いろいろ考えさせられた記憶がある。
いまだにそれをテーマにすると、いろいろ考えてぐるぐる廻っちゃうもん。
でもわたしなりの死生観をしっかりもちつつ、多種多様な死生観を受け入れることが大事なんだろうなと思っております。
なんかよくわかんなくなってきた…。ごめん。

応援、ありがとう!!!
目指すところに辿りつけるようがんばります!!!

| ひさ | 2008/05/17 5:51 PM |
*めぐちゃんへ*

めぐちゃん、こんにちわ♪
めぐちゃん看護師志望ですか!!!
嬉しいな〜。
うん。大変だけど…。
でもきっと働くっていうことは、どんなお仕事もいろんな大変さがあるんだろうなと思ってます。
看護師っていいですよ。
他のお仕事をされている方からしたらどう思われるかわからないけど、わたしはいいと思う〜。
グチもあるけど、なんだかんだ言って、好きって思える仕事ができて幸せだな。

未来の後輩ちゃん、素敵な看護師誕生を待ってますよ〜♪
なんて…ちょっと先輩ヅラしちゃった(笑)

| ひさ | 2008/05/17 5:56 PM |
ひさちゃん、こんばんは♪
こちらでは初めまして〜。

ひさちゃん、看護師さんなんだね。
私の友達やもちろん職場にも看護師さんがたくさんいるんだけど、
身近で見ているからこそ、看護師さんをすごく尊敬しているし
同時に私にはできないなって思います。。
すごく素敵なお仕事だな〜っては思うけど大変さも分かるから(汗)

ひさちゃんやちびさなちゃんのような看護師さんに看てもらえる患者さんはきっと幸せだね。

私も応援してるからね〜♪
| ツヤ子 | 2008/05/17 11:55 PM |
*ツヤ子さんへ*

ツヤ子さん、こんにちわ♪
遊びにきていただいてありがとうございます〜!!!

なかなか尊敬していただけるような仕事はできていなくて、
凹んだり後悔したりダメさを痛感したり、いろいろですけど…。
こんなふうに言ってもらえると、ますますがんばらなきゃなって思います。
ありがと〜〜〜!!
| ひさ | 2008/05/19 1:38 PM |
ひさちゃん こんばんわ!

私は介護士で、仕事内容は違うけど、思っていることは同じだね・・・
何度も、人の死を見てきたけど全然なれない。っていうか、なれないよね。
未だに、整理するのに時間かかるしね・・・。

そうそう、家族の力ってホント偉大だよね!!
私もそれを感じる。
私達の前と家族の前では全然、顔つき違うもんね。
ほんの短い時間でも、逢いに来てほしいなぁ〜っていつも思ってます。

職種は違うけど、語り合いたいわぁ♪
| あや | 2008/05/19 10:29 PM |
*あやちゃんへ*

あやちゃん、こんにちわ♪
あやちゃんのお仕事存じておりました〜!!
やっぱりおんなじ想いだよね。
なんか普通に考えれば、慣れるわけないってわかってもらえるだろうに、やっぱり特殊にみえるのかな…。
そして、家族の力ね。絶対に違うもんね。
あやちゃんの「短い時間でも逢いに来てほしい」って言葉で、実習のときに介護士さんが厚く語ってたのを思い出したよ!!
あ〜、あやちゃんとも語り合える。語りたいねぇ。

| ひさ | 2008/05/20 12:26 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。